スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009 皐月賞 【予想】

グランプリ第2戦となる【皐月賞】。
今年の出走メンバーは非常に面白い!


有力馬のほとんどがハナを切る競馬。
逃げの不利なレース展開になったら大荒れの可能性も?

一番人気はおそらくロジユヴァース
全てのレースで抜群の先行力とスタミナとキレを見せつける同馬。200mという距離も、右回りの中山も全く問題ないであろう事から勝ち負け必死か。

同じく人気になりそうなのがアンライバルド
新馬戦ではリーチザクラウンとブエナビスタをねじ伏せ、安定した走りを見せ続けている。脚質の自在性にも富んでいる素質馬。

重賞での雪辱を晴らしたいリーチザクラウン
同じ逃げ馬として、ロジユニヴァースに土を付けられてきた。しっかりとした蹄でラチの荒れた中山2000mに逆転の活路を見出せるか?


中山の2000mとはどんなコースなのか?
やはりネックになるのは「カーブ」。小回りコースを制するのに超えなければならない課題がこれ。

右のカーブを走る間、手前はずっと一定方向(右手前)。
小回りがゆえに、カーブで受ける脚への負担は大きくなる。
直線に入ってから手前を変えたとしても、脚元の弱い馬は直線が伸びづらい。

良く言われるのは、『中山の中距離は、スタミナと脚元』。

去年のキャプテントゥーレも終始先行し、まんまと逃げ切り。
でも中山の小回りをこなし、直線を叩き続けた代償に故障してしまった。
非常に馬に負担の掛かるレースになるということ。

差し馬や追い込み馬の場合
脚元がいまいち弱い馬は最後の直線で失速の可能性大
脚元は急激に成長するものではないので過去のレースから判断は簡単ですね。
脚元の強さがレースを見てもわからない人は、不良馬場での戦績を見るといいかもしれないですね。不良をこなせる馬はある程度脚元が強いという事になります。あくまで目安ですけどね?


レースはどういう展開になる?

行きっぷりのいいロジユニヴァースがハナを主張するでしょう。
先行集団にはアーリーロブストやリーチザクラウンなどが続き、
ペースはミドルからややハイ。後ろの集団はわりと早めに上がり、先週の桜花賞の様に直線入り口では、一部の逃げ馬を残してほぼ一団。

ロジユニヴァースや早めに抜け出した先行馬を後ろが差すか差さないかの勝負になるのではないかと思われますね。

ロジはすでに中山で実績もあるし、安定力もあるので3着内は外さないでしょう。
軸にするなら一番信頼できるのはロジか。
馬券のうま味はないが、勝たなきゃ意味がないのでロジで。

じゃあ対抗は?
それぞれの位置取りから1頭ずつ。
適当な選び方に思えるが、ペースがどうなってもいい様にするために…

前からはリ-チザクラウン。
中団からナカヤマフェスタ。
後ろからアンライバルド。

あんまオッズ着かないじゃん!ガチガチかよ…
と思われるでしょうが…

しょうがない。強いんだから。
まぁロジの馬連かなんかが一番無難でいいんじゃないかな?

【馬連】
ロジユニヴァース → リーチザクラウン
           ナカヤマフェスタ
           アンライバルド


いや~マジでオッズ低いんだろうなw
何か情報が入り次第また書くんでよろしくお願いします☆
スポンサーサイト
テーマ:競馬予想
ジャンル:ギャンブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。